最近気になるキャッシュレス決済とお金と財布の管理術

2018年12月30日 14:00更新

2019年の消費税10%への引き上げに向けた話などで最近度々話題に上がるキャッシュレス決済。首都圏にお住いの方はあまり意識せずに使っている Suica なんかはキャッシュレスの代表例でしょう。

ちなみに筆者は生活の中において現金をほとんど使いません。最低限の現金は持ち歩いていますが、現金が必要になるのは Suica 非対応の自動販売機での買い物と、クレジットカード非対応の駐車場での精算くらいです。

いくら使ったかわからないのが怖い方へ

キャッシュレス決済の場合、財布の現金はなくならないのでいくら使ったのかわからなくなるのが怖いといった話もよく耳にします。

その大半は、使ったお金を金額ではなくビジュアルで判断しているからである可能性があります。

「財布の中に数枚お札が見える、だからいくらくらいあるだろう・・・」みたいに判断しているわけです。そしてこれを脱することは容易です。自分の支出をビジュアルで判断するのではなく常に数値として記録しておくこと。例えば家計簿などがそのいい例でしょう。

また、キャッシュレス決済の場合、多くはスマートフォンのアプリなどで「どこでいくら使ったか」を確認することができます。例えば Suica の場合、スマホアプリで決済履歴を簡単に確認できますし、各種クレジットカードもカード会社のウェブサイトや、場合によってはカード会社提供のスマホアプリで決済履歴を確認することができます。

キャッシュレス決済を利用して自分のお金をもっと管理する

「いくら使ったかわからないのが怖い」と感じている方にこそ資産管理の方法としてキャッシュレス決済をオススメします。

現金決済の場合、気がついたら財布の現金が少なくなっていた経験を持つ方も少なくないでしょう。また、昨今ではコンビニなどレシートはその場で捨ててしまう方も少なくないはずです。これではどこでいくら使ったかなど、キャッシュレス決済以上に把握しづらくなります

キャッシュレス決済を積極的に生活の中で用いて、さらに毎日それらの決済履歴をオンラインで確認する習慣もつけることは、無駄な出費を抑えることにも効果があります。レシートと金額を照らし合わせて家計簿をつける手間もありません

毎日のお金の記録を確認するためにオススメなのが Moneytree というアプリ。アプリ紹介の記事ではないので使い方の詳細は割愛しますが、このアプリをひとつ入れておくだけで、Suica やクレジットカードなどの決済記録をまとめて管理することができます。

キャッシュレス決済導入事例 - 筆者の場合

冒頭に筆者は日常生活でほとんど現金を使わないと書きました。そこで筆者の実例を基に、キャッシュレス決済の生活への導入を考えてみます。

まず、筆者の普段の決済手段は主に以下の2つです。

  • モバイル Suica
  • クレジットカード
  • 少額の現金

モバイル Suica は iPhone と Apple Watch に入れています。またクレジットカードはそれぞれ ApplePay に設定しているだけでなく、クレジットカード自体も持ち歩いています。

日本国内(特に首都圏)ではコンビニをはじめ、自動販売機、カフェなどの多くで Suica でのサインレスな決済が可能ですので、Suica は欠かせません。また、筆者の場合はその Suica へのチャージに ApplePay に登録してあるクレジットカードを使っています。

ここまでは Apple Watch の中だけでお金の流れが成立しています。

Suica や ApplePay が使えないものの、クレジットカード決済はできる飲食店や小売店も多くあります。なのでクレジットカード本体も携帯はしていますが、日常生活における少額な決済のほとんどは Suica でできてしまうので、あまり登場する場面はありません。

少額の現金を持ち合わせているのは、クレジットカードも Suica も使えない一部の駐車場での料金の支払いや、Suica が使えない一部の自販機で飲み物を購入するときのため。それ以外で現金を使う機会はほとんどありません。

そしてこれらの情報は Moneytree で一元管理しています。また、Moneytree に銀行口座も登録してあるため、いつどこでいくらのお金を使ったか、そして銀行口座にはいくらのお金があるのかは Moneytree を開けばビジュアルではなく実際の数字ですぐにわかるのです。

懸念されるプライバシーの声と現実

一部聞く声として「キャッシュレス決済を用いると自分がどこでどんな買い物をしたかを把握されるのが怖い」などがあります。ここでは深くは言及しませんが、クレジットカード決済の場合、カード会社は「どこ」で「いくら」使ったかの情報までしか把握していません。何を購入したのかまではカード会社は把握していない場合がほとんどです。

しかし考えてみてください。あなたは Amazon で多くの買い物をしていると思います。そしてそれらの履歴(いつ、何を、いくら)は全て Amazon が持っています。楽天、Yahooショッピング、ZOZOTOWN・・・それはどこでも一緒です。

もはや現代社会において、自分の使ったお金についてを隠蔽することなど不可能なことに気づいてください

もしそれらを気にするようであれば、あなたは今すぐ Amazon などのオンラインショッピングとは決別し、Google アカウントは利用しないなど、もっと徹底的な対策をしなければ防ぐことはできないのです。

お金を管理しよう

日常的に使うお金の管理は、あなた自身が行うべきものです。そしてそれを簡単に管理するために、キャッシュレス決済は役立ちます。自分のお金に無頓着な人こそ、キャッシュレス決済を効果的に用いて、自分のお金を管理してみましょう。

もしかしたら、キャッシュレス決済の普及で一番打撃を受けるのは、高価な財布を製造販売する有名ブランド・・・かもしれません。

atotok について

atotok(アトトック)は理想の姿を明確に描き、あなたの「夢」を叶えるお手伝いをします。

で理想の姿を描き、 で描いた夢を叶えるまでの気分の変化を残しておきましょう。

なりたい自分を探すため、夢を叶えるためのヒントを集めたさまざまなコンテンツも展開しています。

サービス

ヒントを探す

よく読まれている記事

atotok とは?

atotok(アトトック)は理想の姿を明確に描き、あなたの「夢」を叶えるお手伝いをします。

で理想の姿を描き、 で描いた夢を叶えるまでの気分の変化を残しておきましょう。

なりたい自分を探すため、夢を叶えるためのヒントを集めたさまざまなコンテンツも展開しています。

10Yearsは理想の姿を明確に描くためのサービスです。

10年先の将来を考えることで今なにをすべきか見えてきます。

さあ、10年後の自分に向けて10Yearsを始めてみましょう。

ニコニコログは毎日の気分の変化を記録するためのサービスです。

記録した気分の変化は、カレンダーで過去に遡って一覧できます(チームのカレンダーはもっと便利です!)

もし悲しい顔のアイコンが毎日続いていたら・・・生活を見直す時期なのかもしれませんよ!

まだユーザー登録がお済みでない方
今すぐユーザー登録!
ユーザー登録がお済みの方
ログイン

ヒントを探す